全館空調が必要かどうかは、全館空調の特徴やメリットやデメリットを正しく理解したうえで判断しましょう。全館空調のメリットとしては、全体が満遍なく冷えたり暖まったりするので快適、各部屋にエアコンを取り付ける必要が無いのでインテリア性が向上する、室外機の取付も不要なのでベランダやバルコニーがスッキリする、寒暖差が無くなるのでヒートショックを防ぐことが出来て健康に良いなどがあります。メリットにはデメリットがついて回ります。全館空調のデメリットとしては、暖かい空気が上に行くという現象により二階は暖かいけど一階は寒いという問題が生じる、快適に感じる温度は人それぞれなので家族が多いと意見が分かれて温度調節が難しくなる、省エネを実現させるためには温度をこまめに調節しなければならない、電気代だけではなく導入時やメンテナンス時にも費用がかかるなどがあります。住宅の環境やインテリアや生活スタイルや家計や家族構成などに応じて判断し、全館空調が必要かどうかをきちんと吟味しましょう。