地震の多い日本で自分と家族の安全を守る為には、何よりもマイホームの耐震性能を高めることが重要となります。老朽化してしまった建物は地震による倒壊のリスクが高いので、早めに耐震リフォームを検討することが必要ですが、特に注意すべきなのが、マイホームが1981年以前に建てられている場合です。1981年というのは耐震基準において大きなターニングポイントとなった年で、この年を境に耐震基準が厳しくなっています。この為、1981年以前の建物は基本的に現在の基準よりも緩い旧耐震基準で建てられているので、耐震リフォームを行うことが大切です。また、建物の構造によっても耐震リフォームを検討した方が良い場合があります。一階部分よりも二階部分の方が大きいような特殊構造であったり、一階部分がガレージになっている建物などは、通常の構造よりも強度に問題があるケースも考えられるので、一度耐震リフォームが必要か否かをチェックしてみることがおすすめです。