2016年 10月 の投稿一覧

新築の住宅を手掛ける際には、断熱性は重要です。

最近の新築住宅には、耐震性や耐火性といった構造的な機能を高めたり、バリアフリーや太陽光発電などを取り入れて省エネや環境に優しい家づくりの評価が高いです。銀行の融資を受ける際にも、本人の収入などと同じくらいに担保物件としての機能的な部分を重要視するローンなどもあります。それらの背景には、本来は家は古くなったら建て替えて新しいものにするといった考え方が主流でしたが、最近はリフォーム減税などを奨励して、少しでも長く住み続ける事への意識を高めています。やはり新築の住宅には、長く住むことを前提とした家づくりはとても重要で、中でも断熱性の高い家がアピールされています。断熱性の高い家は気密性が高く、部屋の空気を外に逃がすのを抑えてくれますので、夏は涼しく冬は暖かい部屋を実現してくれます。特に北欧住宅には、二重ガラスを利用した高機能サッシが使われていて、暖かい家として有名です。部屋の温度を一定に保ってくれますので、燃料費を抑えて省エネにもつながりますし、何よりも快適な生活が手に入ります。新築の家を手掛ける際には、特に注目して欲しい部分です。

住宅にとって、耐熱性の高い家は住みやすいです。

住宅展示場にある多くのモデルハウスを見学しますと、最近はさまざまな家としての構造面や機能面などを充実させたものが目立っています。技術革新やアイディアを取り入れたこれらの機能は、家としての価値を上げてくれますし、長く安心して住み続けるためには大切な機能です。中でもそれぞれのハウスメーカーなどで競い合っていますのが、断熱性です。断熱性が高い家は気密性が高く、室内の空気を外に逃さないようにさまざまな技術が駆使されています。部屋の形や凹凸面の有無から断熱材の使用まで新築の際にしか対応が出来ないことが多く、新築の設計の中には必ず充実させて欲しい要素です。気密性の高い家は、俗に夏が涼しく冬が暖かい家と言われており、部屋の室温を一定に保ってくれますので燃料費なども抑えられて省エネにつながります。一般的に気密性の高い家は北欧住宅などに多く見られ、二重ガラスを使用した高機能のサッシがポイントになります。断熱性の高い家は、健康的で快適な住み心地の良さがありますので、新築の住宅を手掛ける人には意識して欲しいです。

住宅を新築するときの耐震について

日本は台風や地震などの自然災害が多い国です。地震に関しては過去に大きな被害を受けて来ました。そしてその都度耐震基準が見直されこれまでに何度も建築基準法上の改正が成されて来ました。少し前では1981年に新耐震基準になりましたし、2000年にも一部の改正が行われてきています。住宅においては超高層ビルのような制震工法や免震工法といった特殊な工法がとられることは稀で大抵の場合には建築基準法の耐震基準に従うようになっています。住宅の場合には木造の場合が多く、ハウスメーカーの住宅とか建築設計事務所の設計になるRC造やS造の場合にはそれなりのチェックが成されます。ツーバイフォー工法は床材や壁材、天井材などが一体としてマッチ箱のような形で地震力に対して働くので地震に強いとされ殆ど被害を受けないようです。同じくS造も地震には強いとされています。木造の3階建てになると許容応力度計算が求められるようになっています。木造の場合に注意したいのは1階部分を柱だけの作りにしないことです。そして耐力壁と呼ばれる壁が平面プランで見て縦横方向に一定量以上バランスよく入っていることが求められています。

住宅インテリアのポイント

住宅インテリアに着目して新築住宅の購入計画を立てることは、とても重要なポイントとなります。長い期間に渡って快適な居住環境を実現するためにも、家族の満足度を高める住宅インテリアの検討を深めていくことが必要となるのです。居間や寝室、キッチンといった使用機会の多いスペースを中心に、ストレス無く活用できるような設計を目指して計画していくことになります。高い評価を得ている建築士や住宅メーカー担当者に依頼して、様々な提案をしてもらうことも必要です。施主自身が希望している住宅インテリアをどのような形で設計に反映していくのか、よく話し合って決めていくのです。そのためには、これまでのキャリアの中で築き上げてきたハイレベルなテクニック・スキルを用いて、より良い住宅インテリアを目指したアプローチをしてくれる業者の選定が不可欠な要素であると言えます。共に暮らす家族の意向も踏まえた、新築住宅の計画を進めていく上で、こうした視点が重要視されます。

住宅を新築する場合北欧住宅とは

三重県で北欧住宅を建てることも可能です。
北欧住宅はスウェーデンやデンマーク、フィンランドなどで建てられている住宅のことを指します。
いずれも冬の寒さはマイナス30度Cから50度Cになり、夏場は夏場でやはり30度C近くになるということで寒暖差が激しい地域であり住宅も特徴を持っています。
構造はツーバイフォー工法で気密・断熱性に優れ、しかも屋根や天井、壁や床が一体としてマッチ箱のような形で地震に対抗するので耐震性に優れます。
又、火災にも強く耐火性に優れ、耐久性は50年以上は持つとされ日本国内でも人気があります。材質は木材中心で二重ガラスや三重ガラスといった断熱ガラスや床下にも断熱材が施工されますので冷気を全く通さないと言われ省エネにも効果を発揮しています。
住宅の外観は白やクリーム色、ブラウンといった色調が良く使われ、モスグリーンやダークブルーなどの色もよく使われています。屋根は積雪による負担を軽減するために急勾配のものが多く見られ、採光を重視するために窓の開口部は大きくとられる場合が多いとされます。

住宅を新築する場合に平屋住宅はどうか

最近は定年を迎えた夫婦などが三重県の工務店で平屋建て住宅を建てる機会が増えてきているとされます。
少し敷地に余裕が必要ですが、一角に庭を作ったり、ガーデニングを行ったりすることも出来ます。移動も楽で風通しも良く、明り取りでトップライトを設けることも可能になります。構造的に見ても荷重が少ない分地震にも強いものになります。
そして2階部分が不要なために階段の上がり降りをすることもなく、段差の少ないバリアフリーに近いものになり、高齢化した場合に清掃で階段から転倒する心配もなくなります。
外部にオープンになっている分プライバシーが気になるということもあるかも知れません。その場合は庇の出を深くしたり樹木を植える、あるいは中庭部分を設けることで問題解決することもあります。洗濯物の干場としては2階のバルコニー部分に干すわけにはゆきませんから工夫も必要になります。
ダイニングキッチンでは対面式のシステムキッチンを設置することで、家族間のコミュニケーションもとりやすくなり、家族の現在位置も掴みやすくなります。

家族の居場所を常に把握する事が出来る平屋住宅

最近の新築住宅の多くは狭い土地に有効面積を確保するため2階建てや3階建ての建築物が主流になっています。しかし、十分な敷地が在れば建物を上方向に伸ばす事をせずに快適な生活を送ることが出来る家、平屋住宅を三重県の工務店で建てることが出来ます。
昭和の時代には平屋住宅の数が多くあり、フロアーは1階のみになるため、家族が住居内のどこにいるのかなどを把握する事が出来ると言うメリットがありました。土地価格が高くなる事で平屋住宅の需要は減り、建物は2階建てや3階建ての建築物が主流となって行ったわけです。
マンションなどの場合、メゾネットと呼ばれている2階建て構造のマンションもありますが、マンションの大半は平屋住宅と同じようにワンフロアーの中に生活空間が設けられているタイプであり、家族が集まるリビングルーム、ダイニングルーム、キッチン、子供部屋、寝室、浴室と言ったスペースは1つのフロアーに在るため、家族が現在どこにいるのかを把握する事が出来ます。

住宅で利用することの多い水廻りリフォーム

新築の建物は内装もきれいで使いやすいですけど、長く利用していると段々色々なトラブルが起こるようになります。そういう時はリフォーム工事をすると対応ができますが、その時によく行われるのが水廻りリフォームです。水回りはカビなどの問題が発生しやすいため家具などが傷みやすく、それが大きな問題になることもあります。そのようなトラブルが発生した時はリフォームを行いますけど、どういう形で工事をするのかはよく考えたほうがいいです。このような場所のリフォーム工事には色々な種類があり、業者によって提供しているサービスが違います。そのため依頼する所によって結果が大きく変わることがあるので、そのような違いについては理解をしておく必要があります。水廻りリフォームをする時は業者のプランについてよく調べて、どういう形で行うのかを確認しておくことが大事です。そのような情報は業者のサイトに詳しく書かれていますから、予め調べておけばトラブルが起きづらいです。

住宅ローンはとても重要です

夢のマイホームを購入するにあたり、住宅ローンを組むのが一般的になります。それなりにお金を借りないと、なかなか一括現金で家を購入できる人は少ないです。ですから家を購入するにあたり、どんな家を手に入れるのかはもちろん重要ですが、住宅ローンについても真剣に考える必要があります。住宅ローンは何がポイントかと言うと、できるだけ金利が安くなっているものを利用することです。金利が低めに設定されていれば、それだけ返済額が少なくなります。ちょっとした金利の差だったとしても、1000万円単位でお金を借りることになるわけですから、かなり大きな差になってきます。ですから、この部分をしっかりと検討していくと良いでしょう。相談する先としては、不動産屋さんがとても便利です。不動産屋さんに相談すれば、いくつか住宅ローンの借り入れ先の候補を挙げてくれますので、その中から自分にぴったりと合ったところを見つけ出します。このようにしてローンを組んでいきます。

いい家の条件「工務店」

新築で住宅を建てるなら注文住宅を考えている方も多いと思います。住宅を建てる時、建築を行う業者にはいくつか種類があります。1つは、ハウスメーカー。2つ目に不動産業者。3つ目に工務店があります。どの業者にもメリットでメリットがありますが、ここでは、3つ目の工務店について説明していきます。では、まず工務店とはなんでしょうか。住宅を建築するのなら、どこも同じじゃないのかと思う方もいると思います。しかし、どの業者も専門とする分野が違うのです。ハウスメーカーは、その名の通り自社で住宅のデザインを行い土地を広く買い上げ、住宅街として提供するようなイメージと思ってもらって構いません。つまり、土地から住宅、販売まで一貫して行うのがハウスメーカーなのです。工務店は、これに似ていますがその規模が小さいものと考えて下さい。小さな工務店などでは。設計から提案現場監督まで1人でこなしている工務店もあります。ハウスメーカーと工務店の大きな違いは、組織的かそうでないかの違いです。つまり、ハウスメーカーよりは、融通が利くのが工務店となります。また、その工務店の多くが、地元に則しているため地元ならではの情報を持っています。購入を考えている土地の善し悪しなども理解しているので、土地や周辺の情報を集めるのなら工務店に聞いた方が、良いでしょう。さて、いい家を建てる条件としての工務店ですが、どのように選定すれば良いのでしょう。良い工務店の条件とはなんでしょうか。一概には言えませんが、街中で有名な情報誌などに多く広告を出している工務店は避けた方が良いでしょう。どういう事かと言うと、広告を打つという事は、それだけお金がかかっているのです。その広告費は、購入主、つまり施主から徴収するのです。この為、住宅の坪単価が上昇します。コスト面から考えても、広告に力を入れている工務店ではなく、口コミだけで広まっているような工務店を選定しましょう。