2016年 10月 の投稿一覧

断熱性のいい住宅とは2

注文住宅を新築するのであれば、やはり断熱性にすぐれたものにしたいというのは当然のことといえます。この住宅の断熱性というのは、建材の選択によって違ってくるということのほかにも、住宅の設計やデザインそのものが大きくかかわってくる場合もあります。特に、注文住宅というのは、建売住宅とは違い、施主としての希望を通しやすいというメリットはあるものの、生半可な知識で断熱性などの条件を無視したプランを施工会社や設計士に押し付けてしまいやすいというデメリットもあります。したがって、実際に新築をすすめる前に、施工会社などとはよく相談をして、相手の技術的な主張にも謙虚に耳を傾けることが必要です。断熱性を高めるためには、天井裏や床下などに断熱材を十分に敷くということは重要ですが、たとえば、必要以上に室内の熱を逃してしまうような大きな窓を設置したりしないといった、ちょっとした工夫が、実は大きな効果を上げることもあるのです。

断熱性のいい住宅とは1

屋根塗装の塗料を選ぶときに、断熱性の高い塗料を選ぶと、住まいの断熱性能がパワーアップします。真夏に二階の部屋で過ごしていると、エアコンを使用しているのに暑くて仕方ないという経験のある人は、覚えておきましょう。注文住宅は施主と工務店が積極的にアイデアを出し合いながら話し合えるスタイルです。断熱性が高くなると、それだけ光熱費の節約効果は大きくなりますから、家計における光熱費の負担は軽減されます。基本的に注文住宅では屋根塗装と外壁塗装は同じ塗料を使用することになりますので、屋根の断熱性を高めると結果的に外壁面全体の断熱性も向上します。新築するときは、建物の木材や間取りに注目しがちですが、断熱性にも注目しましょう。二階に寝室を設計してもらうのなら、屋根の断熱性を高くしておけば、熱帯夜でも寝苦しくなく快適に就寝できるようになります。経済面だけでなく、しっかりと睡眠時間を確保できるようになり、健康にも良い影響があります。

家づくりの進め方

家づくりにおいての要点は次の3つです。土地探し、資金確保、依頼先の選択の3つが家づくりには必要です。注文住宅を依頼する場合、条件付宅地を購入し、家と土地の両方を同時に購入する方法もあります。建売住宅も家と土地を同時に購入することになります。すでに土地を取得している場合は家の建築だけをすればよく、土地がまだの場合は土地探しから始める必要があります。家づくりの順序としては資金確保が先決です。融資を受ける場合は単なる見込みで判断するのではなく、実際の融資先と相談する必要があります。資金の目途が立ったら土地探しを始めます。どの地域が災害に強いか、その地域がコンパクトシティーの要件を満たしているかを慎重に検討し、購入する土地を決めます。この場合、無理に新築にこだわる必要は無く、良い土地があれば中古物件も有力な候補となります。新築の場合は大手住宅メーカーに依頼するか、設計事務所や工務店へ依頼するかを判断します。土地と資金の確保、依頼先が決まれば、家は半分以上できたも同然です。

失敗しない資金計画

失敗しない資金計画は、会社に入社すると決まって書かされる人生の未来予想図を注文住宅購入後から老後まで子供の教育費用や車の買い替え費用、老後の為の貯蓄などお金の流れまで含めて作成する必要があります。 住宅 ローン シュミレーション 日本経済が非常に堅調に推移していた頃は、順調に定期昇給がある上にインフレ経済だったの借り入れた借金の価値が年々低下していきましたが、現在の低迷する日本経済では定期昇給も望めない上に借金の価値が大きくなるデフレ傾向も否定出来無い状況にありながら、好景気の頃よりも多額の借入が可能なので当初の予算を軽く超えてしまう事があります。資金計画は、注文住宅を依頼する予定業者の担当者が借入限度額や返済額を算出してくれますが算出された金額は一般的なものであり、あなただけの金額で無い事を認識し作成した人生の未来予想図に照らし合わせ、自分の生活を酷く圧迫しない返済限度額を冷静に算出する事が失敗しない為の1番の方法です。

注文住宅の設計について

生活環境をこだわりを持って整えることにより、プライベートな時間をずっと上質なものに変えることができます。そのためにマイホームづくりは、注文住宅でデザインや間取りに徹底的にこだわりたいという人が多くなっています。
理想の空間を実現するために良いパートナーになるのは、建築デザイナーが在籍する設計事務所です。ハウスメーカーや工務店とは違い、設計を専門としているので、細かいところまで依頼主の意向を反映することができます。
例えば、土地が特殊な地形だったり狭小な場合でも、それを十分に生かすことができます。また、家族に高齢者や体の弱い方がいる場合でも、そうした人が暮らしやすいシステムを整える設計を依頼できます。もちろん外観やインテリアの好みなどの反映は得意分野として、プロの目から見たアドバイスも受けられます。デザイン住宅手法
注文住宅を設計事務所に依頼する場合は、設計者との話し合いが大切ですが、事前に家族としてもよく話し合い、希望を明確にしておくことも必要です。

工務店に依頼するメリットデメリット

工務店のメリットは、価格の安さにあります。大手ハウスメーカーでは、通常、自社で職人を雇って、その職人の手により住宅を建てるようなことは無く、工事は工務店に外注するのが一般的です。そのため、ハウスメーカーと工務店の両者が経費を上積みするため、工事費は高くなります。工務店に直接依頼すると、中間マージンが発生せずに、工事費は安くなります。工務店に注文住宅を依頼するデメリットは、新しい工法に対応していない点です。工務店は伝統的な木造軸組み工法による住宅建築は得意ですが、新しい工法を開発するようなことは無く、技術革新から遅れることもあります。もっとも、建築は最新の技術を使えばよいというものでもなく、歴史に裏打ちされた、安全性の高い工法を使うも悪くはありません。問題となるのは依頼者が新しい制度を利用することを求めた場合です。住宅性能表示制度や長期優良住宅の制度は、認定を受けるのに手間がかかり、工務店の苦手とする分野です。

後悔しない住宅会社の探し方

注文住宅の工務店を探すときに注目したいのが、どのような建材を使用して一戸建てを新築するのかです。工務店にもよるのですが、国産の天然無垢材を使用して一戸建てを新築している工務店は、産地の紹介もしてくれます。インターネットでホームページを公開している注文住宅ならば、建築実例の写真や、新築した一戸建ての施主のインタビュー記事が掲載されています。国産の天然無垢材を使用して一戸建てを新築している工務店は、木材の産地の写真や、木の写真を掲載しています。木の特性を紹介している場合も多いです。使用している建材に自信と誇りを持っているからこそ、住宅の材料である木材の紹介をしています。注文住宅を相談するときに、木の話から始めるのも良い方法です。木の話をしながら、住まい作りに対する姿勢を感じ取れれば、工務店に対する信頼度が高くなります。信頼できると感じられた工務店にこそ、注文住宅の一戸建てを依頼しましょう。信頼できる工務店ならば、新築した後のメンテナンスも安心です。

思っていた以上に快適で住みやすい家を手にいれることができました

それまで住んでいた一戸建ては、夏場の暑さもさることながら、冬場には床下や押し入れなどから冷たい空気がスースーと吹き込んでくる家だったのです。家の中では冬場は、石油ファンヒーターを数か所で使用していましたが、丸一日、家を空けて暖房を使わずにいると、冷蔵庫の中のように、布団まで冷え切ってしまいました。そこで、注文住宅を建てる機会を得たために、高気密高断熱で、床下に蓄熱式暖房機を何台か据える様式の住宅を選んだところ、冬でも家の中がすべて一定の温度を保てるようになったのです。夜中にトイレに起きるのも楽なら、戻ってきて布団に入っても冷たく感じることはまったくありません。しかも、家の中の空気がいつでもクリーンで、足元からぽかぽかと暖かくて快適であり、ペットの犬もぬくぬくとして過ごしています。住宅内での生活のさまざまなことがすべて快適なので、本当にこの注文住宅を建てることが出来て良かったとみんなで喜んでいます。

非常に魅力的な土地に大変満足できるマイホームを建てることができました

子供の教育にはさまざまな考えがあり、有名私立に入れて育てたいという人もいますが、自分たちの夫婦は田舎で育ったこともあり、できるだけ子供にはのびのびと育って欲しいと考えていました。そのため、マイホームを持つとしたらできるだけ静かな郊外にと思い土地探しを行いました。妻は専業主婦ですが、いずれ自宅で洋菓子店を開きたいという夢を持っていましたので、ある程度の駐車スペースのある土地というのが条件でした。
幸い自分の仕事は自宅でできるものでしたので、お互いの仕事環境をきちんと整えられるスペースを確保したいと注文住宅メーカーに伝えており、土地探しを手伝ってもらいました。
その後、それまで住んでいた場所からさほど遠くない場所に良い土地を見つけてもらい、契約することになりました。海にも山にもアクセスの良い風光明媚な土地です。そこにオフィス店舗兼住宅を意中の注文住宅メーカーで建設しました。子供の学校ものんびりとした雰囲気で、気に入っているそうです。
これから本格的にこの地での暮らしが始まりますので、たいへん楽しみにしています。

家を建てるハウスメーカー、工務店を選ぶには

家を建てる際、建てたい家のイメージが決まっているのなら、それを一番かなえてくれる業者を選ぶのがいいでしょう。ハウスメーカーは、自社製品を提供するので、それ以外の製品を使うことができない場合があります。こだわりのある人は、すこし不自由な思いをすることもあるでしょう。一方工務店ならば、設計の自由度はもう少し高く、希望があれば製品を取り寄せてくれることもあります。自分でインターネットなどを利用して取り寄せたものを使うこともできるでしょう。注文住宅は、建てるだけでなく、住んだ後もずっとメンテナンスをする必要があります。ハウスメーカーであれ、工務店であれ、建てるときだけでなく建てた後もお付き合いしていくことを考えて選ばなくてはなりません。ハウスメーカーであれば、保証などが充実しており、軽微なメンテナンスは、保証でカバーしてくれるところがほとんどです。工務店はそのような面がさほどきっちりしていない場合もありますが、人間関係を大切にしておられる企業がおおいので、相談しやすいといえるでしょう。