未分類

全館空調は、必要でしょうか?

全館空調が必要かどうかは、全館空調の特徴やメリットやデメリットを正しく理解したうえで判断しましょう。全館空調のメリットとしては、全体が満遍なく冷えたり暖まったりするので快適、各部屋にエアコンを取り付ける必要が無いのでインテリア性が向上する、室外機の取付も不要なのでベランダやバルコニーがスッキリする、寒暖差が無くなるのでヒートショックを防ぐことが出来て健康に良いなどがあります。メリットにはデメリットがついて回ります。全館空調のデメリットとしては、暖かい空気が上に行くという現象により二階は暖かいけど一階は寒いという問題が生じる、快適に感じる温度は人それぞれなので家族が多いと意見が分かれて温度調節が難しくなる、省エネを実現させるためには温度をこまめに調節しなければならない、電気代だけではなく導入時やメンテナンス時にも費用がかかるなどがあります。住宅の環境やインテリアや生活スタイルや家計や家族構成などに応じて判断し、全館空調が必要かどうかをきちんと吟味しましょう。

一戸建てトイレ空間の快適さは生活の中で大事

三重県の新築一戸建てにおいて、トイレだって大切な空間だと言えますよ。トイレの快適さは日常生活の快適さにつながるーとまでは言いませんけれど、しかしながら近いものはあると思います。

1日のうちに平日ならば家のトイレは数回程度の利用になるでしょうか。しかしその数回であっても、トイレ空間が不快なものですと、それだけで嫌な気持ちにだってなるものです。

とくにトイレ空間において、心地よい面積は大事ですから。広すぎても落ち着かないものですけれど、狭すぎるのも考えものです。ローコストを目指してトイレ空間を極端に削るのは考えものです。居心地の悪い狭苦しい空間では、とてもリラックスできませんよね。

また小物だって快適なトイレ空間のためには、とても重要なものですよ。例えばトイレットペーパーホルダーは、一連よりも断然二連の方が使い勝手が良いのです。ちょっとしたことですが、次のトイレットペーパーが控えている安心感は大きいですよ。トイレ空間自体が「ちょっとしたこと」にて、大きな快適さになると感じるスペースですからね。

マイホームを建てる際の最大の苦労が土地探し

三重県で新築住宅を建てたいのに土地がない!」という話は非常によく聞きますよ。田舎の方ならばともかく、住宅街に家を建てようと思うと、とにかく土地がないわけですから。我が家にしてもそうでした。
ですから、「マイホームを建てる際の苦労は?」なんて聞かれましたら、絶対に「土地探し!」と答えますもん。だって本当に土地がなかったものですから…。
そりゃあ田舎の方に行けば売りに出されている土地もあるわけです。しかし私たち夫婦は建てたい地域というものがありましたので、それで土地探しに苦労したのです。
土地探しにおいてまず考えたのは「子供の学校のこと」です。やっぱり平和な学区のところに家を建てたいじゃないですか。しかしそういった地域はマイホームの土地激戦区とも言えるところなわけですから、土地が空いていないのです。
すでに住宅街となっているところで、空き地を探すのは大変ですよ。「子供の入学前までに建てたい!」というタイムリミットがありましたので、気持ちはなおのこと焦っていました。ですから今こうして振り返ってみても、マイホームを建てる際に苦労したことは、やっぱり「土地探し」になるわけです。

耐震リフォームが必要な家とは

地震の多い日本で自分と家族の安全を守る為には、何よりもマイホームの耐震性能を高めることが重要となります。老朽化してしまった建物は地震による倒壊のリスクが高いので、早めに耐震リフォームを検討することが必要ですが、特に注意すべきなのが、マイホームが1981年以前に建てられている場合です。1981年というのは耐震基準において大きなターニングポイントとなった年で、この年を境に耐震基準が厳しくなっています。この為、1981年以前の建物は基本的に現在の基準よりも緩い旧耐震基準で建てられているので、耐震リフォームを行うことが大切です。また、三重の建物の構造によっても耐震リフォームを検討した方が良い場合があります。一階部分よりも二階部分の方が大きいような特殊構造であったり、一階部分がガレージになっている建物などは、通常の構造よりも強度に問題があるケースも考えられるので、一度耐震リフォームが必要か否かをチェックしてみることがおすすめです。

塗装リフォームの業者の選び方

外壁塗装は定期的に必要となるメンテナンスの一つです。
きちんと塗装のし直しをしておくことで、家自体が長持ちしやすくなります。数多くある三重県のリフォームの中でもこうしたものから取り組んでいる家が多いはずです。
そのため、近隣で工事をしているのを見かけることがあるでしょう。
大体10年を超えると塗り直しをするケースが多いので、三重県の新築住宅が多い地域であればいつもどこかで行っているように感じられることもあります。
すぐにリフォームをする必要を感じていなくても、他の家でどのように工事が行われているか気にしながら見ていくとよいでしょう。
意外と大切なのが、作業員の質と周囲への配慮です。どうしても住宅密集地で工事をすると迷惑をかけてしまう事も多くなります。事前のあいさつ回り、塗料などの飛び散り対策などがきちんと行われている業者をチェックしていくのが良いでしょう。
近所で工事が行われていたらチャンスと思い、業者の選定の参考にしてみましょう。

【三重県 注文住宅】注文住宅では断熱性が重視されます

注文住宅では断熱性が重視されます。
政府が推進する省エネ政策では、住宅部門の省エネが遅れていることがわかっています。政府は現在、300㎡以上の建物を建築する場合、省エネの届出を義務付けていますが、住宅のような小規模な建築物は対象外となっています。
将来は住宅においても省エネの義務化が予想され、三重県で省エネ住宅を建てるなら、現在建てられる住宅でも、省エネのための断熱の重要性が叫ばれています。
断熱性のよい住宅は、高性能の断熱材で住宅全体を包み、かつ、省エネサッシが設置されている住宅です。
住宅に用いられる断熱材にはさまざまな種類があり、それぞれに厚みも違います。一口に断熱材といっても性能は様々で、はっきりとした性能は熱貫流率により表されます。
熱貫流率の単位は、W/㎡・Kです。内外の温度差が1℃ある時に、1㎡の面積を通過する熱量で表され、数値が小さいほど性能の良い断熱材ということになります。サッシの断熱性能は、サッシ本体とガラスの断熱性を組み合わせたものです。

断熱性のいい住宅とは2

三重県で注文住宅を新築するのであれば、やはり断熱性にすぐれたものにしたいというのは当然のことといえます。この住宅の断熱性というのは、建材の選択によって違ってくるということのほかにも、住宅の設計やデザインそのものが大きくかかわってくる場合もあります。特に、注文住宅というのは、建売住宅とは違い、施主としての希望を通しやすいというメリットはあるものの、生半可な知識で断熱性などの条件を無視したプランを施工会社や設計士に押し付けてしまいやすいというデメリットもあります。したがって、実際に新築をすすめる前に、施工会社などとはよく相談をして、相手の技術的な主張にも謙虚に耳を傾けることが必要です。断熱性を高めるためには、天井裏や床下などに断熱材を十分に敷くということは重要ですが、たとえば、必要以上に室内の熱を逃してしまうような大きな窓を設置したりしないといった、ちょっとした工夫が、実は大きな効果を上げることもあるのです。

断熱性のいい住宅とは1

屋根塗装の塗料を選ぶときに、断熱性の高い塗料を選ぶと、住まいの断熱性能がパワーアップします。真夏に二階の部屋で過ごしていると、エアコンを使用しているのに暑くて仕方ないという経験のある人は、覚えておきましょう。
注文住宅は施主と工務店が積極的にアイデアを出し合いながら話し合えるスタイルです。断熱性が高くなると、それだけ光熱費の節約効果は大きくなりますから、家計における光熱費の負担は軽減されます。
基本的に注文住宅では屋根塗装と外壁塗装は同じ塗料を使用することになりますので、屋根の断熱性を高めると結果的に外壁面全体の断熱性も向上します。三重県の工務店でパッシブハウスを建てるときは、建物の木材や間取りに注目しがちですが、断熱性にも注目しましょう。
二階に寝室を設計してもらうのなら、屋根の断熱性を高くしておけば、熱帯夜でも寝苦しくなく快適に就寝できるようになります。
経済面だけでなく、しっかりと睡眠時間を確保できるようになり、健康にも良い影響があります。

家づくりの進め方

家づくりにおいての要点は次の3つです。土地探し、資金確保、依頼先の選択の3つが家づくりには必要です。注文住宅を依頼する場合、条件付宅地を購入し、家と土地の両方を同時に購入する方法もあります。建売住宅も家と土地を同時に購入することになります。すでに土地を取得している場合は家の建築だけをすればよく、土地がまだの場合は土地探しから始める必要があります。家づくりの順序としては資金確保が先決です。融資を受ける場合は単なる見込みで判断するのではなく、実際の融資先と相談する必要があります。資金の目途が立ったら土地探しを始めます。どの地域が災害に強いか、その地域がコンパクトシティーの要件を満たしているかを慎重に検討し、購入する土地を決めます。この場合、無理に新築にこだわる必要は無く、良い土地があれば中古物件も有力な候補となります。新築の場合は大手住宅メーカーに依頼するか、設計事務所や工務店へ依頼するかを判断します。土地と資金の確保、依頼先が決まれば、家は半分以上できたも同然です。

失敗しない資金計画

失敗しない資金計画は、会社に入社すると決まって書かされる人生の未来予想図を注文住宅購入後から老後まで子供の教育費用や車の買い替え費用、老後の為の貯蓄などお金の流れまで含めて作成する必要があります。 住宅 ローン シュミレーション 日本経済が非常に堅調に推移していた頃は、順調に定期昇給がある上にインフレ経済だったの借り入れた借金の価値が年々低下していきましたが、現在の低迷する日本経済では定期昇給も望めない上に借金の価値が大きくなるデフレ傾向も否定出来無い状況にありながら、好景気の頃よりも多額の借入が可能なので当初の予算を軽く超えてしまう事があります。資金計画は、注文住宅を依頼する予定業者の担当者が借入限度額や返済額を算出してくれますが算出された金額は一般的なものであり、あなただけの金額で無い事を認識し作成した人生の未来予想図に照らし合わせ、自分の生活を酷く圧迫しない返済限度額を冷静に算出する事が失敗しない為の1番の方法です。