断熱性のいい住宅とは2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注文住宅を新築するのであれば、やはり断熱性にすぐれたものにしたいというのは当然のことといえます。この住宅の断熱性というのは、建材の選択によって違ってくるということのほかにも、住宅の設計やデザインそのものが大きくかかわってくる場合もあります。特に、注文住宅というのは、建売住宅とは違い、施主としての希望を通しやすいというメリットはあるものの、生半可な知識で断熱性などの条件を無視したプランを施工会社や設計士に押し付けてしまいやすいというデメリットもあります。したがって、実際に新築をすすめる前に、施工会社などとはよく相談をして、相手の技術的な主張にも謙虚に耳を傾けることが必要です。断熱性を高めるためには、天井裏や床下などに断熱材を十分に敷くということは重要ですが、たとえば、必要以上に室内の熱を逃してしまうような大きな窓を設置したりしないといった、ちょっとした工夫が、実は大きな効果を上げることもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。