工務店に依頼するメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

工務店のメリットは、価格の安さにあります。大手ハウスメーカーでは、通常、自社で職人を雇って、その職人の手により住宅を建てるようなことは無く、工事は工務店に外注するのが一般的です。そのため、ハウスメーカーと工務店の両者が経費を上積みするため、工事費は高くなります。工務店に直接依頼すると、中間マージンが発生せずに、工事費は安くなります。工務店に注文住宅を依頼するデメリットは、新しい工法に対応していない点です。工務店は伝統的な木造軸組み工法による住宅建築は得意ですが、新しい工法を開発するようなことは無く、技術革新から遅れることもあります。もっとも、建築は最新の技術を使えばよいというものでもなく、歴史に裏打ちされた、安全性の高い工法を使うも悪くはありません。問題となるのは依頼者が新しい制度を利用することを求めた場合です。住宅性能表示制度や長期優良住宅の制度は、認定を受けるのに手間がかかり、工務店の苦手とする分野です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。