住宅ローンの事前審査に落ちないためには

注文住宅を新築する場合、その住宅を担保として住宅ローンを借り入れることができます。銀行によってももちろん違いはありますが、その注文住宅の建築確認が下りて着工が確実になった段階での審査が可能ですので、新築に必要な多額の資金についての心配をする必要がなくなります。ただし、住宅ローンの場合、事前審査と本審査にわかれていますので、まずは必要な書類とともに事前審査の申し込みをして、この審査に合格しておかなければなりません。
事前審査のプロセスは、本審査よりも比較的かんたんですので、たいていは数日から1週間程度もあれば、結果についての可否がわかるものです。事前審査では、基本的には申し込みをした人に返済の能力があるかどうかが焦点となってきますので、それが申し込みの書類などからはっきりと銀行側に伝わるようでなければなりません。この審査に落ちてしまっては、せっかく注文住宅を新築しようとしても、資金繰りに困って契約がストップしてしまうことにもつながりかねませんので、まずはポイントを押さえて確実に乗り越えられるようにすることがたいせつです。
まずは年収についてですが、住宅ローンの借り入れ金額はかなりの高額となりますので、その返済が可能な程度の、一定の年収がなければなりません。この年収に関しては、現在の年収が銀行側が考えている最低限を満たしているということのほかにも、勤務先の職種や勤続年数などといった要素に応じて、将来的にも不安がないことが必要であるといえます。
また、借り入れを希望する年数と現在の年齢とのかねあいも、一見すると関係なさそうですが、実は重要であるといえます。返済期間の途中で定年退職の年齢を迎えて、以後はずっと無職ということであると、住宅ローンの返済にあてるお金が果たして捻出できるのかどうか、銀行側が不安視するであろうことは、容易に想像できるところです。定年前に完済とまではいわなくても、定年後も長期にわたって返済しなければならないような無理な資金計画ははじめからしないほうが得策といえます。
さらに、事前審査では過去の他社からの借り入れの実績などについても判断材料とされることがあります。通常、カードローンなどの信用情報は、業界でつくっている信用情報機関に一定の年限にわたって登録されていますので、年収に照らして過大な借金をしていたり、過去に借金を返済せずに踏み倒した事実があった場合などには、住宅ローンのほうも厳しい結果となってしまうことがあります。